previous arrow
next arrow
Slider

指導者の輝き!【新春インタビュー】

今年度のソフトバンクドラフト1位田中正義、楽天ドラフト2位池田隆英、今年のプロ野球注目のルーキー2人ですよね。 そんな2人を見出した指導者が、元巨人の藤城和明氏です。

藤城氏といえば読売ジャイアンツ、サムスン・ライオンズ、高知ファイティングドッグス のコーチ・監督を歴任してきた方で、現在はIPI野球リーグで、2年連続優勝を果たしたUSEの監督を務めており、その他にも創価大学・上武大学野球部のアドバイザリーも努めております。 そんな2人どのような経緯で見出していったのか、 藤城氏いわく、 高校でエースでもない、甲子園も出てない、そんな子でも良き指導者に出会えれば、プロに行ける可能性はいくらでもある。 田中正義は元々外野手だったが、肩がよかったので大学から投手に変更した。 始め2年間は投手基本練習、3年目からピッチング開始、そして4年目にブレイクしたのである。

池田隆英は高校3年時に左靭帯損傷をしていたので、3年間はリハビリを専念させた結果、4年目にブレイクしたのである。

「いかによい指導者に巡り会えるかが重要である」 「これが僕でなければ、あの2人はまずプロにはいっていない」

ちなみに 「田中は早いがキレはプロではたりていない、現状でキレは池田のほうが上。」 キレに磨きをかけないと、田中選手はプロで通用していけないそうです。

そしてその他にも 角中勝也(ロッテ・首位打者)・八木智哉(パ・リーグ新人王)・小川泰弘(セ・リーグ新人王・最多勝)・井納翔一(ベイスターズ)豊田 拓矢(西武) を見出してきているそうです。 指導者として、本当にすごい実績ですね。

最後に プロのコーチとアマのコーチの大きな違いは、 「プロのコーチは自分の立場しか考えない、アマはボランティアの精神でおしえる」

両方の実績を積み重ねた、藤城氏だからこそ述べれる素晴らしいお言葉でした!

]]>

コメント

タイトルとURLをコピーしました