previous arrow
next arrow
Slider

事務局長の談話

事務局長の談話

幻の本塁打がジャンボを生んだ

天才投手・池永正明と西鉄に同期入団したのが尾崎将司だった。 徳島県立海南高等学校から大型投手として入団したのだが、池永氏とのレベルの違いを感じた尾崎は3年目のシーズンに打者に転向を余儀なくされた。 体の大きさを生かし長距離砲として期待を背...
事務局長の談話

31年ぶり!涙の登板!

1969年、球界を揺るがした「黒い霧事件」 31年間、永久追放の見せしめ処分を下されてしまった「悲運のエース・池永正明」の話です。 池永という選手 下関商業時から怪物ぶりは有名で、西鉄入団から5年99勝(追放された6年目は4勝・通算103勝...
事務局長の談話

怪童から教育者へ

先月尿管癌のため、78歳で亡くなられた山本一義氏。 大阪ロマンズのコーチとして、10年間お付き合いさせていただいた方です。 温厚な性格で、試合に敗けて殺気立つチームの雰囲気を穏やかにする名人でした。 山本さんは広島商業ー法政大を通じて怪童...
事務局長の談話

西鉄の伝説 45年ぶりの相部屋!

2004年11月、長崎県五島市福江で開催された、マスターズリーグ・福岡-札幌戦でのエピソードです。 五島市初のマスターズリーグの開催は、市をあげての一大イベントで、前夜祭から大盛り上がりでした。 試合も福岡は元西鉄OBを多数揃え、札幌は元...
事務局長の談話

長嶋だけじゃない!背番号「3」の伝説!!

巨人軍伝説の2塁手「猛牛 千葉茂」 ご存知、巨人軍の元祖背番号3番です。 気取らず、愛嬌があり、人間味溢れた豪放磊落な方で、 数限りないエピソードをお持ちの千葉さん。 そんな伝説の背番号「3」のエピソードをお話します。 私が駆け出しの編集...
事務局長の談話

大沢啓二と長嶋茂雄 45年越しの和解

2002年、大沢啓二こと大沢親分は古希を迎え、 都内ホテルで、盛大な祝賀パーティーを催した際のエピソードです。 昭和31年、南海ホークスは日本一を目指しチーム強化を計っていた。 そのためには、当時立教大学のスター選手だった、長嶋茂雄と杉浦...
タイトルとURLをコピーしました